2017年10月29日

最後の日

10月25日

普段と全く変わりのない一日でした。

たっぷりお昼寝をして、おやつのちゅーるも食べて。

私が仕事から帰り、夕ごはんもしっかり食べた後

いつもの場所へ。

IMG_0480.JPG

(この写真は過去picです)

一通りの諸々が済んで、リビングに座ると

いつもはきんがトントンをせがみに来る時間でした。

インスタのアップ記事を書いていると、大きなイビキが2回・・・。

??きんがイビキをかくなんておかしい。

そう思って近づくと目を開けているきん

声を掛けても反応なく。。。

抱き上げた時にはすでに呼吸は止まっていました。

何が起きたのか?どうしてそうなってしまったのか?

いつもと同じ日常だったのに。

きんを抱いたまま、ただただ呆然とするばかりでした。

今でもまだ、わからないままで

きんがいないことが不思議でなりません。

高齢でしたから、覚悟はしていたつもりでしたが

介護でもなんでもいい、もう少しお別れまでの時間が

欲しかったな。。。


当日、妹一家が駆けつけてくれ

IMG_0960.JPG

甥っ子が手紙をくれました。

来てくれて良かった。一人じゃどうなっていたか・・・。

翌朝

IMG_0955.JPG

IMG_0959.JPG

くぅモアナも何かを確かめるように

ずーっと匂いを嗅いでいました。

本当はまだまだ、きんのふわふわを撫でていたかったけど

終わりどきが分からなくなってしまいそうで

IMG_0970.JPG

青空の下、荼毘にふしました。

20歳とは思えないほど、立派な骨で

骨までイケメンだね。と

駆けつけてくれた元職場の同僚と話すほどでした。

IMG_0999.JPG

IMG_1001.JPG

今はげんの隣で、リビングを見下ろしています。

まだ、こっちの世界でふよふよしているのかな。

本当に急なことだったから、きんもビックリしたよね。

あともう少しで、来てくれてありがとう記念日だったのに。

ちょっぴり早まってしまったけど

来てくれてありがとう。

幸せをくれてありがとう。

今までもこれからもずーーーっと


大好きだよ。

またいつか、きっと会えることを信じて。

またね



心温まるコメントやお花をありがとうございました。

きんもきっと、やっぱボクってイケニャン

思っていることと思います。



かわいいかわいいかわいいかわいいかわいい
いつもコメントありがとうございます。
ひとつひとつ、楽しく読ませていただいていますが
お返しがなかなかできない状態です。
それでもいいよ〜〜という方、どうぞ書き込んでやってください。
よろしくお願いします

ブログランキングに参加中です。
ポチっと押してくれると大喜びしちゃいます
kinb.jpg 
ありがとうございました。

ニックネーム カエル子 at 11:59| Comment(8) | TrackBack(0) | きん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きんちゃん、本当にあっという間の旅立ちだったのですね。
でもいつものように過ごし、カエル子さんがいる中での、夢見るような最期、きんちゃんらしい潔い最期でしたね。
自分の追悼記事でも書きましたが、あとちょっとで21才!
病気らしい病気もせず、幸せな一生だったと思います。
きんちゃんのそんな素晴らしい猫生に合掌。
Posted by いけかな at 2017年10月29日 16:01
いささか不謹慎かもしれませんが・・・
いつかその日がくるのなら、うちの猫たちにも、きんちゃんと同じように安らかに旅立ってほしい、と思うのです・・・。
ついでに、ワタシ自身も、きんちゃんのような静かな最期を迎えられたらなぁ、とも・・・
あああ、ゴメンナサイっ!
Posted by あめぶら at 2017年10月30日 04:32
カエル子さん  おはようございます♪

いつもありがとうございます♪
きんちゃんは20歳だったんですね。
そんな歳には見えなくていつも元気で
わんちゃんとも仲良くできて優しい子
でしたね。
カエル子さんに大事にされてみんなと
仲良くできて可愛かったですね。
モアナちゃんとくぅちゃんに見送って
もらったきんちゃんゲンちゃんと仲良
くね♪
Posted by 柴犬ケイ at 2017年10月30日 05:51
えっ!!
きんちゃん
ごめんねーここに来るの遅くなって
突然の出来事でpurinmamaも驚いてます
20歳までカッコよく生きたきんちゃん
げんちゃんと仲良く過ごしてね
虹の橋から皆の事見守ってあげてね
Posted by purinmama at 2017年10月30日 08:15
看病する期間も心構えも無いうちにというのは
本当にどう受け止めていいのやらつらいと思います。。。
でも、最期の最期まで、
カエル子さんに心配をかけることなく
満腹で、穏やかで、幸せなままに、安らかだったのですね。
優しくて、まるでげんちゃんを見習ったような
男前さを出してくれましたね。
んもぉ、、こんな時までイケニャンを貫くなんて。。。
いつもの場所でいつもの寝顔、、、
いつかは来る定めのこの日
我が家のにゃんずも、こうあってもらいたいです
きんちゃんありがとう またね
Posted by yoiko at 2017年10月30日 15:31
こんにちは。
ご無沙汰しておりました。
いけかなさんのblogできんちゃんのこと知りました。
20才。自然に静かに。大病もせず安らかに。
とても孝行な最期でしたね。

介護の最期は後々「あぁしたら良かったんではないか」云々苦しみますから。きんちゃんは親孝行でしたね。そして幸せでしたね。
きんちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
Posted by クマオの妻 at 2017年10月31日 15:56
きんちゃん、苦しむこともなく
日常の延長のまま旅立ったのですね。。
カエル子さんは心の準備もなくお別れが来て
心の中で整理がつかないかもしれませんが
きんちゃんは立派に生き切って悔いがなかったことと思います。。
いつかまたカエル子さんの元へ帰って来てくれますよね。。
Posted by のん福レオのお母さん at 2017年10月31日 23:40
☆コメントありがとうございます☆

いけかなさん
きんってば、本当にマイペースで
気が向いた時しかそばにも来ない
猫でしたからね〜
きんらしい逝き方ですね。
素晴らしい猫生であってくれたことを
心から願います。

あめぶらさん
いえいえ、おっしゃる通りです。
ピンピンコロリ
理想の逝き方ですよね。
私もそんな風に逝きたいです。

柴犬ケイさん
そうなんです。
ふわふわだったもので
余計に若く見えたかもしれませんね。
げんとはよく、夜中の運動会を
していましたので、今頃は合流していて
くれるといいなと思います。

purinmamaさん
突然のことでした。
私もくぅもまだ、きんは普通に
そのへんにいるような気がしてなりません。
そのうちげんと一緒に
遊びに来てくれるといいなぁぁ

yoikoさん
ほんとにね。
最期までイケニャン気取らなくて
いいのにね。
いまごろはげんと運動会しながら
イケニャン自慢合戦でもしているかしらw

クマオの妻さん
ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。
本当に静かな最期でした。
マイペースきんの
きんらしい逝き方だったのかも
しれませんね。
今思い浮かぶのは、な〜ごな〜ごと
練り歩くきんの姿です。
その声が聞こえないのが、なんだかまだ
不思議な感じです。

のん福レオのお母さんさん
そうなんです。
なんだかまだ、普通にその辺から
出てくるような感覚になります。
いつも聞こえるきんの鳴き声が
ないことが不思議なくらいで。
でも、きんが悔いのない猫生を
生ききってくれたのなら、
本当に嬉しいです( *´艸`)
Posted by カエル子 at 2017年11月01日 11:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4239714
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック